お金を借りる

いつでも教育資金が借りれる、申込期間は365日毎日!

投稿日:

教育資金はいくらかかる!?

子どもが生まれてから大学を卒業するまでにかかる教育費は、一番高くみて約1,700万円ほど!
一度にまとめてかかるお金ではありませんが、トータルこれだけのお金が必要になると思うだけで頭がクラクラしてきます。
学校に支払うお金だけがこどもに掛かる教育費ではありませんし、この他にも、以下のような費用も必要になってきます。

  • 受験代
  • 留学費用
  • 習い事を始めるときの準備(ユニホームなど)
  • 習い事の月謝代
  • 遠征費
  • 検定試験代

高校や大学の教育資金では、自宅を出てひとり暮らしをする場合は、その費用もありますし、教科書や教材のお金も準備しなければいけません。
一人暮らしを始める時の初期費用は、平均で40~50万円ほど。
教科書・教材費は15万円前後
と、どちらも、とても大きな金額ですよね。
入学金など前期納付金なども全て合わせると、140~150万円(自宅からの通学で)くらいでしょうか...

百万円を超える教育資金もこちらにおまかせ。
ここから入学金の教育資金は借りれます!

教育ローンの落とし穴

子どもの成長とともに、貯蓄をしていたとしても厳しい金額です。キャッシュで教育費が準備できる方はどれくらいでしょうか...
たとえ教育資金が足りなくて、も国や銀行の教育ローン、奨学金制度もありますが、申し込めば必ずしも通るわけではないですよね。成績や年収などを踏まえての審査があります。

例えば...
去年までそこそこの収入だったけれど、今年から減額になったから教育費の捻出が厳しいかも。なのでローンを申込みたい。

この場合、ローンの審査に通る確率は厳しい状況です。なぜなら、去年の年収での審査になるからです。年収制限がある教育ローンはどうしても通りにくくなってしまいます。

そこで、どうしてもお金が足りない時の手助けとなるのが、年収や学業成績の制限のないキャッシングだと思います。
教育資金は、どのような事由にも対応できるフリーローンで借りれます!
※ フリーローン = お金の使い道が自由なローン
国や銀行の教育ローンでは借りれない短期留学(6ヶ月以内)費用も、ここなら大丈夫。

 

教育資金を借りる時は、借りたい金額に合わせて借入先を選ぶべし!

教育資金に限らずのことですが、お金を借りる時はどこでもいいわけではなく、借りたい金額に合わせて借入先を選ぶようにした方が間違いないと思います。少額だったらすぐに審査に通る確率が高いところなど、金融会社にも色んなタイプがあります。

1万円~10万円ほど借りたい時

  • 受験代
  • 検定試験代
  • 入学金
  • 習い事を始めるときの準備(ユニホームなど)
  • 習い事の月謝代

このように、1万円からの少額を希望している方には、 少額融資が得意なこちらをおすすめします!

10万円以上借りたい時

  • 遠征費
  • 教科書代
  • 習い事の道具代

など、10万円以上かかる費用を借りたい方には、 10万円が借りれるこちらがおすすめです!

100万円単位で借りたい時

  • 学費
  • 留学費用

など、100万円以上のお金を借りたい方には、 大口融資をしているこちらをおすすめします!

キャッシングと聞くと、ちょっと不安に思うと思います。
が、金融庁や日本賃金業協会に登録してある正規の金融会社は、法外の利息を取ることも、取り立ても、決してありません。

 

正式に登録してあるところを選びさえすれば、安心してご利用できます。

CMや看板などでよく見かける大手消費社金融は、審査が厳しく、通らない方もたくさんおられます。すぐにお金が必要な時には、不向きですよね。
その点、ここで紹介している中堅クラスの消費社金融は、審査基準が緩め、かつ、会社によって違うので、借入しやすいです。
あちこち申込をして、審査に通るか通らないかを待つより、上記で紹介している中堅クラスの金融会社に相談された方が最適だと思います。
すぐにキャッシング可能で、さっと事が運びます。

 

-お金を借りる
-, , , , , ,

Copyright© 教育資金で困った時の解決窓口 , 2020 All Rights Reserved.